2021.05.6

作業3日目は昨日の残り10本の植え付けからスタート。

植え付け完了後は

1)灌水チューブを列ごとに通し、半自動で水遣りができるようにする。

2)支柱を立て直す。

3)支柱と苗をテープで固定する。

しかし、今日は1)で予定外。モータまで設置してチューブに水を流すのですが、水圧が不足しているのか端まで水が届きません。

それは番外編としてご紹介するとして、作業完了です。

 

 

翌5日は予報通り雨。 苗には恵みの雨ですが、風もきついのです。

農場主は気になったため早起きして、支柱と苗の固定の甘いところを強化しました。

 

苗を運ぶのに積んで通ったトラクターのタイヤ跡に深く雨がたまっています。この凸凹はその内直さないといけません。。。。

 

国産アボカド収穫を目指し、本植え作業は無事終了です。お疲れ様でした。

2021.05.3

本植え作業2日目です。

植え付けのポイントは「苗をいかに崩さずにポットから出し、埋めるか・・・」で、かなり気をつかいます。

最初はポットの縦2ヶ所を切ってバナナを剥くように苗を取り出し、移す予定でしたが切った途端に土が崩れます。これでは苗がもちません。

試行錯誤の結果、ポットの底ぎりぎりのところで外周を切り、底をつけたまま、そっと穴の中へ。

二人で苗を押さえ、もう一人がテーブルクロス引きの要領で底布を引き抜き、それから縦をきって、即 横の土で埋めるという曲芸が

一番苗に負担が少ないということになりました。

 

ポットは大:直径50cmの推定30kg 小:直径30cmの推定20kg。 地面にしゃがみこみ、苗底の下に二人が手のひらを指し入れ、

「1、2の3  ふぅ」

 

 

植えた苗に水をたっぷりかけ、有機肥料(みんな有機)を撒きます。

45本まで植え付け、本日終了。右手甲が赤ちゃんの手のようにパンパンに膨れていますが、ご愛嬌。

2021.05.3

やってきました2021年 神戸緊急事態宣言下のゴールデンウィーク。アボカドファームでは5月2日から4日にかけて本植え作業を行います。

5月2日 去年7月からの仮住まいに別れを告げるポット苗です。1年でかなりしっかりした苗に成長しています。

 

圃場は縦47m x 横26m 5畝にトータル55本のアボカドを植えつけます。

アボカドの配列のポイント

①寒さに弱いため、耐寒性の強い品種を西側と北側を置く。(冬場の風対策)

②1本の雄花、雌花が咲く時間帯が午前/午後のタイプとその逆のタイミングの2種類(A型/B型)があるので、まんべんなく。

庭から畑までは軽トラック、圃場内はトラクターに積んで運びます。積み降ろしだけでもかなりキツイと思いましたが甘かった。。。。

 

1日目は、配置計測、穴掘り、半分の苗の移動で終了です。

 

2021.04.28

4/24-25に最終の整地をしようとしていましたが、まだ前回の雨のあと完全な乾きではなく、断念。

28日から神戸は雨予報のため27日の午後仕事を休んで、作業を行うことになりました。

しかししかし、農場主25日に腰の痛みに気がついた模様!!!

27日の整地を家族は諦め、雨の前に他の畑の夏野菜の苗を植える作業。

(雨の前に植えると水をかけなくて済むのでラッキーなのです。)

その時、、、、農場主が雨の前にどうしても整地を完了したいと、帰ってきてきました。

痛い腰を我慢し、時間をかけてトラクターを操縦する主。アボカドに良い土壌が完成しました。

 

予報通り、28日から雨降っています。

草が残っている部分は通路にするため、わざと固いまま残しています。

次回遂に、GW国産アボカド本植えを迎えます!!!

 

2021.04.21

アボカドを本植えした後、苗の根元に撒いて草対策と保湿を担う米殻を近くのカントリー(農協でお米乾燥、脱穀を行う所)に

頂きに行ってきました。米殻は無料です。

 

(余談)このカントリーは転がり落ちそうなくらいの坂の上にあります。

免許取り立ての秋、軽トラック(マニュアル車)の荷台に重量オーバーかも知れなかった刈り取ったお米を積み、

前後の重量バランスを取るために助手席に姉を乗せて、カントリーと田を往復しました。

当然同じ地域の稲刈りは同じ頃に行われるため、坂の途中で大渋滞。心臓バクバクしながら、坂道発進を

繰り返していました。そのため、今でもここにくるとなんだか落ち着きません。

2021.04.11

畦の草を刈り、トラクターで草を鋤きこみました。

 

 

 

去年の秋に植える箇所に穴を掘っていたのはなくなってしまいましたが、まあまあ完成。

 

 

(余談)アボカドの木が小さい間は成長余白が沢山あって、使ってもいいことになっています。

肥沃&水捌けの良い土地での家庭菜園も楽しみにしています。

 

 

国産アボカドできるように頑張ります◎

 

 

 

2021.04.8

 

GWのアボカド本植えに備えそろそろ土壌の最終調整を行わないといけないのですが、

現在はこんなに美しいグリーンカーペット状態です。

去年の秋に沢山入れたたい肥のおかげで土が豊かになったのでしょうか?

今週末畑を鋤きこんで、草達も土の栄養となってもらいましょう。

 

 

 

 

2021.03.27

 

天気予測だとこれから10度を下回ることはなさそうなので、簡易ビニールハウスを撤去しました。
植え替えのターゲットをGWとし、苗を外気温に慣らしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

適正酸性濃度はph5.5-6.5とガイドに記載されていますが、ちょっと高めです。
早速 石灰をいれて酸性濃度を調整しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.02.28

今年は木の成長を最優先にするため、花は咲かせないことになっています。

アボガドはタイプによって雄花・雌花が午前午後に分かれて咲くそうで、タイプの異なる木を育てて受粉させるのが一般的です。

本日の作業は午前中。見た目の異なる花芽の写真を撮ってみましたが、雌雄どちらなのかは判別できません。

まだ一年目。これからです。

2021.02.11

お天気が良いので、簡易ビニールハウスを覗いてみました。

覗き

 

中は温かいのか、花の芽が形成されてきました。

 

 

 

 

ページトップへ