アボカドのカテゴリー記事一覧
2022.02.3

1月末の週末もいいお天気です。最低気温も-2度で許容範囲内。

圃場の1期生の様子を覗いてみました。

藁に守られている枝先は緑の葉を保ち新芽もつけていますが、

成長し藁から枝先が出てしまった部分(写真3枚目)は枯れてしまっているようです。

残念ながら藁は使い切ってしまっているため、補強はできません。

これ以上の寒波が来ないことを祈りつつ、藁を引っ張りあげながら、不織布の囲いを閉じました。

   

縦には成長せず、じっと耐えてほしいところです。

 

1期生とは対照的にヌクヌクと屋内を占拠している4期生

(1期生は圃場、2期生は庭、3期生は2022年発注済み(未着)で、種からの育成分は4期生になります。)

 

トータル37個のベーコン種が手に入っています。

発芽が確認できている(芽が種の高さを越えた)のが11本。

発根が確認できポットに植えられているのが23個。

まだ水の中で発根を待っているのが3個。

毎日芽がでていないか確認していると成長ってあまり感じませんが、半月の間に

最初の3本はしっかりして15cmを越えました。

それにしても芽を出してから葉っぱが広がるまでの針のような成長がなんだか笑えます。

 

 

 

 

 

 

 

2022.01.21

発根した種は順次ポットに植えていっています。

発根を確認するまでは水から種を取り上げて、お尻を毎日のように確認してしまうのですが、

一旦土に植えると芽がでてくるまでは状況確認のしようがありません。。。。と思ったら

待ちくたびれた母は種の横を一部掘り、根が深く伸びているのを見て喜んだようです。

しかし、その確認をしてから10日経っても芽がでてこないので余計なことをしたかもと反省していました。

それがやっと、芽が目視できるようになっていました。(写真1枚目)

 

 

 

最初に発根を確認した種の2本とプラス1本はやっと葉が開いてきました。

芽が出てから伸びる成長速度は結構早かったのですが、葉が横に開いてきたのはここ2-3日です。

背丈も10cmを越えてきました。

細いので添え木が必要になるのではないかという父のアドバイスでなぜか

割り箸が横に刺さっています。(笑)

 

2022.01.17

毎年 「数年に1度の寒波がやってきています。」という報道を見るような気がするのは私だけでしょうか。

日々の圃場の最低気温確認でマイナスとなっているとドキドキするものの、現行今以上の対策がとれないので

祈るばかりですが、昨日そっと覗いてみました。

アボカドは常緑樹ですが、気温が低いと葉が落ちやすいそうです。

 

①圃場の一期生

西から2列目メキシコーラは以前から順調に育っている1本ですが、不織布をはがしてみました。

不織布は11月に巻いて上は樹を縛り付けないようにしていました。

それから2ヶ月弱のうちも成長し、カバーを押し上げて成長していました。

開けてみると先のほうは防寒があまいので、元気のない枝もありますが、概ね良好。

   

 

②庭の二期生

手作りビニールハウスの天井をはずしてみるとこちらは元気いっぱい。水を掛けると弾いてとてもいい感じ

さすがポット苗の越冬は2回目、昨年からの改善で隅の苗も頑張ってくれています。

  

 

 

 

2022.01.4

2022年 年明け 神戸は午前中は温かく晴天、午後からはヒンヤリ曇る日が続いています。

元旦11:00の圃場の気温は10.1度(昨日の最高気温は18度 今朝の最低気温は8度)と

なぜこんなに暖かいの??という状況です。

 

   

 

冬対策がなされたアボカドの木は寒い時期でも可能な限り成長を続け、包まれた先が盛り上がってきていたりします。

 

 

そして遂に遂に待望のアボガドの芽が出てきました。

 

   

 

2021年12月31日と2022年1月1日に1本ずつかわいい産毛が生えたような芽が確認できました。

3枚目の写真は1月4日のちょっと針のように伸びてきた状態です。

これまでお米やいろんな野菜を育ててきて、もちろん種を蒔き続けてきたわけですが、

これほど待ちわびた発芽は初めてです。

現在 発根を確認してポット植えされているのが22本、その内芽がでているのが3本

水栽培で発根を待っているのが、15個となっています。

どれくらいが屋外に出せるまで成長するのか春が待ち遠しいお正月でした。

 

 

 

 

 

 

2022.01.3

本当に今年の冬は寒かったです。2月中の圃場計測 最低気温はマイナス7度。

圃場の1期生の苗はまだ防寒ネットに包まれたままです。

そんな中 種を植えていた苗が少しずつですが着実に育ってきています。

 

最初に発芽した苗から 現在芽が種の間から覗けば確認できるものまで、

生育過程が一目瞭然で面白い。

 

 

 

2021.12.9

現在はゆす村農園さんから育った苗木を購入していますが今度は自家苗育成にチャレンジします。

台木に向いている種類は寒さも強い品種「ベーコン」です。

先日視察に行って試食させていただいたアボカドの種も持ち帰り、その場で狩りをした十数個のアボカド、

農場主がふるさと納税の返礼品をアボカドに固定し届いたアボカドが次々と発芽用種となっていきます。

 

食べた後の種を洗って、茶色の薄皮をむいたものと剥いてないもの(途中で両端だけ剥きました)を

水に浸け、床暖房が入り南から太陽が差し込む部屋に置いています。(日付は水に浸けた日)

 

3週間を過ぎると早いものは根が出てきました。

 

 

空きペットボトルを再利用し長く水栽培をしてから土に植え替えるという情報もありますが、

根が折れるのが怖いので、根が出たものから土に植えていくことにします。

まずは3本を12月8日に植えました。

 

これもまた暖かい場所を陣取ります。

どれくらいの種が発根するかはわかりませんが、この冬は人よりアボカドの苗を中心に部屋模様がきまります。

 

外の苗木は冬対策で成長が見えないため、冬の間は発芽を見守っていきましょう。

 

 

 

今朝の圃場の温度、すでに最低気温が0℃に近づいている。。。。頑張れ1期生。

2期生は庭で手作りビニールハウス??でじっと春になるのを待ちます。

 

 

2021.11.23

11月最終週から寒波がやってくるという予測をうけ、冬支度のバージョンをアップします。

作業日は11月14日、21日、23日にちょこちょこです。

 

①前回庭の幼木には囲みを薄い不織布で覆いましたが、今回は内周りをメインに藁で囲み、

さらに苗の間を不織布で埋めてみました。なんだか四角いケーキみたい。

   

 

 

②圃場の苗はまず全ての苗をゆきん子仕様に。

 

  

 

そして西の列と北端の苗はスノーマン仕立てにして御簾も降ろします。

先の松山の研修で寒さ対策も大切だけれど、強く冷たい風に弱く、

また緩衝材の負荷には結構耐えることができると教えていただいてきましたので、ガッツリと対策を行いました。

 

 

 

ただ、日中はまだ日差しが暖かいこともあって、圃場の内側の苗をグルグル巻きにするのは

もう少し寒さが厳しくなってからにします。

 

 

 

 

2021.11.21

ハウスの中ではでは種も植え育てていらっしゃいます。台木に使うのは強いベーコン種です。

台木が育つと、大きく育っている木から枝をとって接木すると、早く育ちます。接木はコツがあるそうです。

 

   

試食に頂いたアボカドの種もしっかり頂戴し、種からの発芽に挑戦します。

 

路地で育てているアボカド(ベーコン種)狩りをさせていただきました。サイズは200-250gぐらいです。

ヘタがぽろっと取れると食べ頃です。(収穫から1週間から10日ぐらい)待ち遠しい。。。

 

 

 

奇跡のハーブ ボルトジンユは木の下に植えておくとカミキリ虫が来なくなるそうです。

挿し木で簡単に育つので、数本の枝を頂いて帰り、現在挿し木中。

育てるのに自信がないので、友人二人にも枝を託しなんとか成功苗ができるように頑張ります。

 

 

沢山お話を聞かせていただき、拝見し、色々なものをご紹介いただき、

大変勉強になりました。

 

こうやって農場主、母、姉の小旅行を兼ねた国産アボカド農園の視察は無事終了です。

枝の剪定時期にまたお邪魔したいです。

 

スペシャルサンクス : 「アボカドラウンジ有田」  https://avocadoloungearita.com/

2021.11.20

視察日当日はがっつり雨でしたが、雨雲レーダーで雨の止み間を狙って、露地栽培も

見学させていただきました。

丁寧に袋がけされたアボカドですが、袋がけした半分が着果、その内半分ぐらいが生産品として

販売可能数になるそうです。袋がけ大変な作業でしょうが、今はその作業ができるようになる年が

少しでも近いことを期待しています。

 

 

 

 

圃場を囲う網は防鳥ネットだそうです。これも有田さんが鉄棒を運び穴を開けるなどご自身で作業

ネットを張るのだけ奥様に手伝っていただいたそうです。

 

 

右の写真は直立栽培をされている幼い木。幼木は風や寒さに弱いため、影響が少ないように

考えられたそうです。色々考えておられ、全てが楽しそうなのが印象的です。

スペシャルサンクス : 「アボカドラウンジ有田」  https://avocadoloungearita.com/

 

続きあり。。

2021.11.12

ハウスの中では色々な研究をされています。

管理栽培-モバイルツールからハウス内の温度/湿度が確認でき、サイドのビニールの開け閉め調整、

散水(液体肥料含む)のオンオフが管理されています。

 

電力はソーラー発電を行い、蓄電池に貯めておいて利用。

現在は通信範囲が限定されていますが、10km以上先からでもできるよう検討されているそうです。

 

圃場にはチューブが張りめぐらされていて、枠木とポットの間にはプチプチ(正式名称:気泡緩衝材)が

埋められていて、ハウス内でも防寒対策です。

 

 

つづく。。。

 

 

ページトップへ